2013年06月04日

W杯出場決定〜〜〜〜〜〜

やりました!
勝ちました!
W杯出場決定〜〜〜〜〜〜

これで5大会連続のW杯出場決定です。
ブラジルです。




先ほど試合が終わりました。
試合は終始、日本が押すシーンがありましたが、
後半37分頃にオーストラリアがクロスの様なキックが
そのままゴールに入ってしまう不運のゴールで相手に先制される。
試合はそのままスコアが動かない、
誰もがこのまま「負けるのでは・・・」と意識をし始めた時、
多分、本田だけは違っていたのでしょう。
ロスタイムに入ると思われた時、本田だけは諦めずにプレーをし、
ミドルからシュートを果敢に放つ。
シュートは残念ながら相手に当たり、コート外へ。
日本がコーナキックをGET。
途中交代で入っていた長身FWのハーフナーマイクい合わせるかと思いきや、
オーストラリアの苦手なショートコーナーに切り替え、
キッカーからのパスを再び本田が受け、すかさず早く低いクロスをゴール前に入れた・・・
そして運命のプレイとなる。
本田が蹴った早くて低いクロスに、オーストラリアの選手がハンドを犯す。
そして日本はPKをGET。
この時、試合時間はロスタイムに突入。
キッカーは勿論、代表チームNO1の強心臓の持ち主・本田。
入れればW杯がほぼ決定になる大事な場面。
万が一外せば戦犯にされる究極の状況。
TV画面に映し出される本田の表情も流石に緊張しているのがわかる位でした。
やはりそれくらいのプレッシャーと重圧なんでしょう。
しかし、そこは本田。流石というべきか、あの大事な場面で決めるのも凄いですが、
それをど真ん中に蹴って決めるところが本田らしいと思いました。

でもとにかく、勝って決めたかったですが、引き分けでもどうにか自力で決めれたので
良かったと思います。

ザックJAPAN、おめでとう!





追伸
これは完全に個人的な思いなのですが・・・
次回のW杯はブラジルでの開催。
日本のサッカーがここまで盛り上がって来たのには
彼の存在や活躍がなければなかったと言っても過言ではないかと。
彼とはキング・カズこと三浦知良(カズ)です。
誰もが認める功績者でありながら、まだ彼は悲願のW杯には出れていません。
出来れはW杯の時にある「次回のW杯の時の為に若手に経験させる1枠」というのが
あるのならば、このブラジルのW杯だけは、その枠で彼を選んでくれる様なサプラズがあると
ザックやサッカー協会の男気を感じます。カズにとってのW杯はそれだけ特別なものだと思います。

posted by ふとっちょパパ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとっちょパパのぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。