2013年06月20日

勝てると思ったのに・・・

コンフェデの日本対イタリア戦。

キックオフが7時だったので通勤時間と重なってしまった。
我が輩は携帯のワンセグで視聴しながらの試合観戦。


すると試合開始早々にPKで本田が先制ゴール。
更に少し経ったら香川のビューティフルボレーで追加点。
ボール保持率も日本がリード。今日は勝てる!
・・・と誰もが思ったことでしょう。

しかしそこはW杯を過去に4回も優勝しているイタリア。
簡単にはいきません。
前半終了間際にコーナーキックからのセットプレーでイタリアに得点を許す。
これは完全に日本がセットプレーい対して準備が遅れての失点。

雲行きが怪しく感じながらも前半は日本リードで折り返し。

しかし、前半の最後に狂った歯車は戻りませんでした。
後半開始早々にイタリアに追加点を許す。これで同点。試合は振り出しに。
こうなると劣勢の日本。イケイケのイタリア。
更に立て続けにイタリアに得点を許し、日本は逆転を許す。

誰もが「もうダメだ」と諦めた時でした・・・
後半24分にセットプレーからヤット(遠藤)のクロスを岡崎がドンピシャで
ヘッドで再び同点。試合を再度の振り出しに。
これで負けはなくドローで終われると思っていたのです・・・
もうすぐ試合が終わると思った後半41分、恐れていた得点をイタリアに許してしまった。
これで試合は決まってしまいました。

ブラジル戦は0-3でオフェンスもディフェンスも惨敗でしたが、
イタリア戦では強豪相手にオフェンスは3点も取ったので合格。
但し、ディフェンスが4失点では勝てないですよね。

これで日本のコンフェデの1次リーグ敗退は決定ですが・・・
最後のメキシコ戦は是非、有終の美を飾って欲しいです。
posted by ふとっちょパパ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとっちょパパのぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。